H.L.N.A zone Openしました!

2012年5月3日

4月19日お台場に新しく完成したDiverCity5FにH.L.N.Azoneを設ける事ができました。

 

構想から2年。時間はかかりましたが、このようなSTARTをできた事に心より感謝しています。

 

三井不動産関係者の皆様、ららぽーとの皆様、そしてH.L.N.Aに賛同し出店をしてくださったSTUSSY/X-LARGE/VOLCOM/HURLEY/ELEMENT/VANS/DC/MIDTIDE/NIXON/GRAVISの皆様にも心より感謝しています。

 

業界が飽和状態の中、新たなアプローチがこの先の道を造ると信じて動いてきました。ZOZOTOWNに出店させて頂いた事がH.L.N.AにとってのFirsStepだとしたら、今回のDiverCityへのzone出店は2ndStageだと思っています。

 

これからも自分たちのフィールドは自分たちの手で作り上げる。その気持ちを胸に前進、成長をしていきたいと思っています。

 

また近いうちに次の動きを報告できると思いますので、楽しみにしていてくださいね。

midtide tokyo bay open 4/19!!!

2012年4月9日

MIDTIDE TOKYOBAY GRAND OPEN
MagicNumber®/Makapu’uをメインに取り扱うセレクトショップである【MIDTIDE】の2号店が、
満を持して今話題の新SPOTDiverCity TokyoPlaza / 5F HLNAゾーン」内に2012419()
OPEN致します。
出店となる5FフロアにはSURF/SKATE/SNOW/STREETのシーンをサポートし続けるブランドを
展開するゾーンとなり、リアルなライフスタイルやカルチャーを伝えていく場としての顔も持ち
合わせた初のコンセプトスペースとなっています。
同施設7Fには既に各方面で話題のアクションスポーツの情報サイト・HLNAプロデュースによる
【スケートパーク】が今夏OPENを予定しており、Diver Sity全体がシーンにおいて見逃せない
のひとつとなって行く可能性大です。是非ともご期待ください。
・・・・・・・・・
MIDTIDE TOKYOBAYではOPENを記念して、数量限定アイテムを取り揃える予定です。
また、当店にて1001円以上お買い上げのお客様には、MIDTIDEオリジナルWAXを、5001円以上
のお買い上げのお客様には、MagicNumber®またはMakapu’uのオリジナルマグカップのどちらか
お好きな方をプレゼント。
共に期間、数量限定アイテムとなりますので是非ともこの機会をお見逃しなく。
・・・・・・・・・
ACCESS
RECEPTION PARTYMIDTIDE TOKYOBAY
東京都 江東区 青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ
Tel: 03-6457-2643
MAP
東京都臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅から徒歩約3分
東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「台場」駅から 徒歩約5
首都高速11号台場線「台場」ICから約1km
・・・・・・・・・
MIDTIDEとは
2011年9月にフラッグシップとなる第1号店を独自のカルチャーが根付く古都鎌倉にオープン。
本店である「MIDTIDE Kamakura」にはロングボーダー界の新たなStyleMaster瀬筒 雄太がスタッフ
として店頭に立っている事も話題となった。店内にはアパレルのみではなく、様々なアーティストの
作品も展示されており、一見の価値あり。また、上のグラフィックはSHOPのオープンを記念し
SKATE/SURF ARTの巨匠、JIM PHILLIPS氏からプレゼントされたものであり、ディレクターである
中村竜の築き上げたワールドワイドなコネクションが生み出した賜物。
リアルな目からみたライフスタイル提案が新たな発信源として徐々に根を下ろしつつある。

Nujabes

2012年2月21日

MagicNumber2012 Summer Exhibition

2012年2月6日

2月14~16日まで横浜はパシフィコにて開催されるインタースタイルにMagicNumberも出店致します。

 

MagicNumberの5周年を記念したスペシャルコラボが、初めてパブリックに出される時でもあるのでとても楽しみです。

 

ブースno645。皆さん会場でお会いしましょう!

謹賀新年

2012年元旦

 

明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願い致します。

 

中村竜

2011年大晦日

2011年12月31日

2011年も気がつけば後ちょっと。本当に時が経つのが早く感じますね。きっとこれからはもっと早く感じられるんだろうと思うとちょっと寂しい気もしますが、時間は人に与えられた平等なもの。その時間を大切に前向きに過ごせるかは自分自身にかかっているのだと、いつも自身に言い聞かせています。

2011年も自分の夢と目標に向かって種をまいた年でもありました。そして本当に沢山の人達と会ってきました。ジャンルは違っても夢や目標をもった人と会ったり話したりする事はとても勉強になり、またよい刺激にもなりますね。来年も志を高く持ち、時間を大切に有意義に使い楽しみ成長できたらなと思っています。


3月11日の東北沖地震とその翌日に起きた原子力発電所の事故。この事だけは2011年には置いてきてはならない事だと強く感じています。2012年も東北のそして日本の復興を強く祈り考え、行動を起こすと共に今ある原子力発電所の稼働をいち早く止めて、廃炉にしていきたいなと個人的に強く祈っています。

来年もしっかりと自分の思い描いた人生に少しでも近づけるように日々努力して行きたいと思います。

皆様も素晴らしい年をお迎え下さい。

2011年大晦日

GREETINGS FROM MIDTIDE

2011年12月4日

JIM PHILLIPS

2011年12月1日

MagicNumberのSkateGremlinにSurfGremlinを描いてくださったJIM PHILLIPSさん。

 

JIMさんはJimHendrixやビートルズのポスターやSkateBrandのIndipendent等、自分たちがskate/surfカルチャーの中で目にしてきたロゴやキャラクターを最も多く手がけてきた人だと思います。

 

JIMさん、いつもありがとうございます。

R.I.P立川談志

2011年11月24日

Artの世界ってArtにしてしまえば、ある意味表現は自由で何でもできるけど、立川談志氏の落語もほぼArtだよね。

 

ここまで自由に落語の背景を使って表現できる事って凄いですね。

 

R.I.P立川談志

MagicNumber

2011年11月21日

MagicNumberのwebがリニューアルしました。

 

ぜひご覧下さい。

Japan Sea Trip

2011年11月12日

MagicNumberの若手ライダーを連れて日本海に。

 

日本海は冬に目覚める。西高東低の冬型で海が荒れ、緩まったその瞬間を狙う。海は晴れ渡り内陸からの風で面が整う。

 

日本海を味わった事のある人ならば理解してくれるであろう、あの日本海独特の空気感は始めてきてもどこか懐かしさを覚える。

穏やかなKaname。海でも陸でもそのstyleは変わらない。

 

波に乗っている時、普段のKanameを思い出せないくらいアグレッシブに波を刻む。

 

陸で『surferっぽくないですね〜』って言われていた事を思い出す。

 

MagicNumberのFamilyにその言葉は最高な褒め言葉に違いない。

 

陸では誰よりも腰が低く、海では誰よりも高く。それがMagicNumberのstyle。

湘南は茅ヶ崎出身のyoge。colorsmagazineと言うwebmagazineを運営している。

 

10年位前に茅ヶ崎のクルーとNorthShoreのzenと一緒にメンタワイに旅した事があった。

 

今はカメラとsurfboard/skateboardと旅を重ねている。独自のフットワークから得た情報を自分なりに噛み砕き、旅先で出会った人々に暖かい言葉と共に人々へと届けている。今回旅をしてみてそんな印象を感じた。

 

海に入ればsurfskaterなstyleでクルーズしている。気心しれた湘南surferの一人、それがyoge。

Dan。鎌倉の若手surferでもあるけど、Danには鎌倉って枠でもなく日本って枠でもなく世界に出て沢山の人に会い大きな波に乗ってほしいって思う。

 

去年のNorthでもbackdoorやoffthewallでいい写真を残してきた。これからも自分の好きな事にフォーカスしてsurfingを楽しんでほしい。

瀬筒雄太。福岡出身のLongBoarder。シングルフィンの変わった板に乗っているw。

 

ファーストターンから人の目を引く事のできるstyleの持ち主。

 

雄太のLongをみて思った事がある。LongBoardってこうやって乗るんだって事。

今年の冬は日本の海に。

 

東北の海が、日本の海が汚染された今、楽しむ事のできる海が限られてきた。天気図と波浪予報にプラスして放射能も気にしなければならない時代になってしまった...。

 

この状況が少しでも良くなるように、意識のある人達と手を取り合ってお金に汚染された人達の意識をクリーンナップしてあげないとね。

 

次の寒気はいつかな?冷たい風が吹くと思い出せる場所があるって幸せな事だね。

チマジャ Indonesia

2011年10月30日

2010年の6月、茅ヶ崎の佐藤和也君と友重達郎君とPhotographerのCHARさんと、IndonesiaはセントラルJawaに位置するチマジャへ行ってきました。

 

もう1年以上も前の事だけど、あの波は本当に最高だった。

 

Indonesiaはここ15年位で色々な所へと足を運んだ。チマジャの西に位置するバツカラス。東に位置するG-Landへも行った。

 

しかしここチマジャへはタイミングにも恵まれずに行くチャンスがなかった。

 

去年の春、OMツアーさんに連絡をして色々話をする中でチマジャへ行けば?と言う話になり、すぐにチケットを取った事を覚えている。

 

メインスポットのチマジャは玉石で河口の様な波がブレイクする。潮の加減でサイズが上がったり下がったりとIndonesaのあの感覚が強い場所とも言える。

 

予測が難しい波だけど、いいセクションではポッコリとsurferを包み込む波もある。

 

all photo by CHAR

チマジャから西に位置するこのブレイクは、後ろの山がなければRockyか?と思わせる程そっくりだった。

波質はロングウォールでパワーもありJ-Bayに似た波だった。

この折れた板はYUの5'9Quad。最高に調子がよく、下の写真の1時間前に折れてしまった。

ここはロングレフト。朝は6Feetあったかな?調子がいい5'9でパドルアウトして、3本目でリップの下でターンをしたらを波を頭の上から食らって折れてしまった。

波がが小さい日にはFinだけで波に乗るのもわるくない。

ここはチマジャから4時間程ドライブした所にあるんだけど、正直場所はよく覚えていないw。

Reefに沿って綺麗に割れる波はバレルもありロングライド。人も少なくって天気もいいし、夢の様なsessionだった。

サーファーズガイド バリ

2011年10月29日

2005年にエイ出版社からサーファーズガイド バリ

 

今でも仲のいい純城とBetetと3人が巡るバリを、PhotographerのY-Leeさんが写真に収めてくれました。

 

確かあの当時はまだFilmがメインだったと思います。水中写真も36枚に今まで以上の思いが込められていると思います。

all Photo By Y-Lee

Kelly's WAVE Company

2011年10月28日

Kellyがwave companyと言う名前でドーナッツ型の室内wave poolを考えているらしい。

 

こんなのが日本にもできたらそれはそれは楽しい事になりそうですね。

 

来年の春にはH.L.N.Aが創るskateparkが東京に誕生します。wave companyととても近いイメージなので、とても驚いています。

OLYMPUS PENで撮った40人のPhoto Letter

2011年10月27日

OLYMPUS PENで撮った40人のPhoto Letterに参加させて頂きました。

ぜひご覧下さい。

MagicNumber Key cover !

2011年10月26日

少しでも復興の役に立てるように、自分たちでも引き続きアクションを起こしています。

 

一度でも311以降の東北を自分の目で見た事のある人ならば分かるでしょう。復興にはまだまだ時間がかかります。そしてお金も必要になるでしょう。そして何よりも人の気持が必要だと思っています。

 

詳しくはMagicNumberBlogをご覧下さい。

MIDTIDE e-shop!

2011年10月24日

MIDTIDEのe-shop、続々新商品がupされています。

 

MagicNumberも沢山取り揃えてあるので、ぜひご覧下さい。メンズ、レディース共に充実しています。

 

風邪が流行っている様なので、皆さん気をつけてくださいね。自分は喉と熱でやられています....。

MID TIDE flickr started!

2011年10月23日

J-Bay Trip 2008

2011年10月22日

2008年に南アフリカにあるJ-Bayへ旅する機会に恵まれた。

 

プロサーファーと言う仕事は波に乗る事はもちろん、旅する事が仕事と言ってもいい程世界中を旅するチャンスに恵まれる事がある。

 

10代の頃から世界中を旅してきた。自分はコンテストに出るタイプの人間ではない。ただ自分が行きたいと思った場所へ行き波に乗って写真を残してきた。旅先はいつも本能に従って決めてきたつもりだ。

 

波乗りを始めた10代の頃からJ-Bayに行きたいと言う夢があった。

 

TahitiやIndonesia、モロッコ、フランス、コスタリカにメキシコ等、行きたいと思った所には時間はかかったが大体行けた。旅して思う事は、行く前に想像していた物よりも遥かに素晴らしい出会いや経験、そしてその旅が自分にとってなにものにも代え難い宝物になった事は、旅した事のある人には理解してもらえると思う。

 

そして20代に自分の夢のディストネーションJ-Bayに行く事ができた。

自然の放つ強烈な色。光、波。全てが力強く生命力に満ちあふれている。

南極からの風で作られたうねりは、J-Bayの地形に沿って美しくブレイクをする。一瞬の波。一本の波。誰にも乗られずにパーフェクトな波がReefの上を踊りながらブレイクする。自然が作り上げたArt。色も形も一瞬で表情を変える。

プロサーファーの糟谷修自さん。J-Bayには20年以上前に来た事がある様で、その当時は2~3日間もかけてここまで来たそうです。今では1日もかからずにここへ来る事ができ、ブレイクの目の前には5starのHOTELが立ち並びwi-fiまで飛んでいる。『町は変ったけど、波は変わってないね』。そんな言葉が印象的でした。

supertubesからAirportまで自分たちを送ってくれたタクシードライバー。

 

『日本は一夫多妻じゃないんだろ?俺は4人も奥さんがいんだよ。毎晩忙しいぜ〜!』って全てがwildなJ-Bayでしたとさw。

 

近いうちにJ-Bay行こっと。

《賽德克‧巴萊 》Seediq Bale _Theatrical Trailer

2011年10月21日

昔、台湾で起こった霧社事件を描いた映画。

 

プロデュースJohn woo(ジョンウー)。

 

監督Wei Te-Shen(ウェイダーション)。

 

海外での評価がとても高い映画なので、日本での公開がとても楽しみです。

新潟 光ケ原 

2011年10月19日

今年の2月BURTONGRAVISの協力のもと新潟は光ケ原にsurf&snowをしてきました。

GRAVIS/BURTONの竹内さん、ありがとうございました。

今年も雪山いくぞ〜!

surf with my son

2011年10月18日  

先週の事なんだけど、familyで伊豆へ行ってきました。

 

夏休み、子供をたくさん海に連れて行ってあげたったんだけど、放射能汚染の事もあって気持よく海に連れていってあげられなかった。

 

潮の流れを自分なりに考えて、南からの潮の流れが強い伊豆に行ってきました。

 

正直そこの海が汚染されていないかは、政府も調べてくれていない状況だから絶対に安全とは言えないけど、なるべく南からの流れがある海に行きたかった。

 

いつものコアラのマーチstyle。

何を思ったか?突然『ひとりでのりたい〜』。

1本目からすんなりと立てて、『ちょうさいこ〜』を連発していましたw。

3日間のsurfcampでたくさんの波に乗って、気分は一丁前のsurfer。朝起きると『波あるよ~』って言ってますw。

親ばかにお付き合いして頂きありがとうございましたw。

MagicNumber/H.L.N.A/MIDTIDE&Sponsor... 

2011年10月17日

何年かぶりだろう?HPをRenewalしました!

 

Photographyでは、旅で出会った景色をupしていきたいと思います。

 

そして日々感じた事、思った事をDiaryに残せればなと思っています。

 

まずは自分がDirectするBrandと、SponsorのLinkを。

 

MagicNumber

 

H.L.N.A

 

MIDTIDE

 

RASH

 

NIXON

 

GRAVIS

 

DAKINE

 

RECS

 

VERTRA

 

axes

 

鎌倉和楽家具

 

Yui Takuma

 

enjoy!